石丸歯科医院(徳島県鳴門市)の施設基準

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)

石丸歯科医院はかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(以下、か強診)に認定されています。か強診は、歯の健康管理や治療を専門的に行う歯科診療所です。

かかりつけ歯科医とは?

かかりつけ歯科医は、安全・安心な歯科医療の提供のみならず医療・介護に係る幅広い知識と見識を備え、地域住民の生涯に亘る口腔機能の維持・向上をめざし、地域医療の一翼を担う者としてその責任を果たすことができる歯科医師をいいます。

(参照:日本歯科医師会ホームページ)

かかりつけ歯科医機能強化型診療所とは?

か強診は、2016年の診療報酬改訂で新たに制定された制度で、厚生労働省が定めた施設基準を満たした特別な歯科医療機関が認定を受けることができます。か強診は、一般的な歯科医院に加えて以下のような特徴があります。

  • 長期的なお口の管理: かかりつけ歯科医機能強化型診療所では、歯科医師や歯科衛生士が長い期間、患者さんと関わります。これにより、歯の健康状態をよく知ることができます。
  • 予防と定期検診: 歯の健康を守るために、歯科医師は治療だけでなく予防を行う必要があり、そのためにも定期的な検診を行っています。むし歯や歯周病を未然に防ぐのが最大の目的です。
  • 緊急時の対応: 歯が痛くなったり急なトラブルがあった場合でも、かかりつけ歯科医がなるべく早急に対応してくれます。また、お口の状況を把握しているから安心して相談できます。

か強診は、歯の健康を守り、健やかな笑顔を保つために重要な施設基準です。定期的な歯科検診や適切なケアを通じて、歯を健康に保ちましょう。

在宅療養支援歯科診療所1(歯援診1)

在宅療養支援歯科診療所は、病気や高齢などで自宅で治療を受けることが難しい患者さんのために、歯科医療を提供する特別な歯科診療所です。

在宅療養支援歯科診療所とは?

在宅療養支援歯科診療所は、病院やクリニックとは異なり、患者さんの自宅や施設で歯科治療を行う特別な歯科医療機関です。患者さんが病院に通院できない場合、歯科医師が患者さんの場所に出向いて治療を行います。

在宅療養支援歯科診療所の目的

  • 快適な治療: 患者さんによっては、病気や高齢により外出が難しいことがあります。在宅歯科診療所は、患者さんの環境を考慮し、患者さんの自宅で歯科治療を提供します。
  • 予防と治療: 歯科医師は、むし歯や歯周病の予防策を提供し、歯の問題を解決します。歯の健康は全体の健康にも影響します。
  • 緊急時の対応: 歯の痛みや急なトラブルがあった場合、比較的迅速に対応します。

在宅療養支援歯科診療所の重要性

在宅療養支援歯科診療所は、高齢者や身体的な制約がある患者さんにとって非常に重要です。歯の健康を維持することは、食事の摂取やコミュニケーションにおいて大きな役割を果たします。在宅歯科医師は、患者さんが自分の家で歯科治療を受けられるようにし、生活の質を向上させます。

在宅療養支援歯科診療所は、患者さんの生活をサポートし、歯の健康を守るために貴重な存在です。身の回りにお年寄りや病気を抱えた人がいる場合、その人たちの歯の健康に気を配り、在宅歯科診療について学ぶことはとても大切です。